私たちは、
暮らし快適創造企業

JAPANESE/ENGLISH

東洋クオリティワン

インズコーポレーション

日本ウレタン工業協会

西村章デザイン事務所

シンカシング

代理店企業のご紹介

寝床内環境

人が眠るときに接する、マットレスや敷き布団と毛布や掛布団で囲まれた空間の気候を寝床内環境と呼びます。寝床内は温度33℃湿度50%が快適で理想的な「寝床内環境」とされており、そうした環境を保つためには湿度を調整する機能が不可欠です。

人は湿度が65%を超えるとムレによる不快を感じるといわれています。一般的なマットレスや布団では、睡眠中に時間と共に湿度が上昇し、結果としてムレを軽減する為の寝返りを打つことになってしまいます。自然な寝返りは快適で安定した睡眠に不可欠な要素ですが、ムレを感じての寝返りは睡眠においては好ましいものではありません。一方、高い「吸放湿性」を持つ機能性ウレタンを使用したマットレスでは、一般的なマットレスに比べて、湿度変化が少なく快適な「寝床内環境」を維持できることが確認されました。

寝床内環境試験

吸放湿性ウレタンを使用したマットレス

一般的なマットレス

寝床内環境1 寝床内環境2
   
完成品 ファンクション 寝床内環境下層 吸放湿マットレス 完成品 ファンクション 寝床内環境下層 一般的なマットレス
 ※グラフはイメージです。「技術資料ダウンロード」よりサンプルデータをご確認頂けます。

PDFダウンロードにはパスワードが必要です。パスワードの発行はこちら。