私たちは、
暮らし快適創造企業

JAPANESE/ENGLISH

東洋クオリティワン

インズコーポレーション

日本ウレタン工業協会

西村章デザイン事務所

シンカシング

代理店企業のご紹介

カテキン配合

緑茶から抽出される茶カテキンは、ポリフェノール化合物の中でもタンニンと呼ばれる構造の一つで、茶の渋みの成分です。消臭性に優れ、併せて抗菌性を保有するという特徴を持ち、古来より飲料として親しまれています。天然由来の成分の為、現在利用されている無機系・有機系の抗菌防臭材と比べても安全で体にやさしいことが利点です。茶カテキンにはその他にも以下のような効果があることが確認されています。

・酸化防止作用

・抗アレルギー作用

・血中コレステロール低下作用

・発がん抑制作用

当社では上記のような優れた効果を持つ茶カテキンを独自の技術で添加し、抗菌・防臭効果を付加したウレタンフォームを開発することに成功しました。

カテキンの抗菌効果について

カテキン配合1カテキンは、菌類に対して影響を及ぼす活性な水酸基を多く持つポリフェノール化合物であるため、抗菌作用を持つと考えられています。

カテキンの消臭作用の仕組み

①カテキンの水酸基が
ニオイ分子を引き付ける。

arrow

②ニオイ分子が分解するのを
促進する。

arrow

③ニオイ分子が分解され、
無臭物質へと変化。

カテキン配合2arrowカテキン配合3arrowカテキン配合4

カテキン添加ウレタンフォーム

カテキンセル骨格中にカテキン成分が取り込まれているため、ウレタンフォームからの脱落が無く、効果が長く持続します。

カテキンフォームの抗菌性試験

大腸菌に関する抗菌性 

試験菌:
大腸菌

試験方法:
大腸菌簡易検出紙を使用し、試験品浸漬24時間後の大腸菌含有水中の大腸菌数を測定。

試験品:
軟質ポリウレタンフォームカテキン添加/無添加フォームの比較
(blankはフォーム浸漬なしの場合)

グラフpng

カテキンフォームの消臭性試験

カテキン1カテキン2

茶カテキンを添加したフォームのアンモニア、ホルムアルデヒドに対する消臭性試験。
 茶カテキンを添加したフォームにおいては時間と共に臭い濃度が減少し、消臭効果が確認されました。